Bitbucket の Pipelines で 運用していると サーバ上のファイルが 直接書き換えられて デプロイできないタイミングが発生することがありました

そんなときに どのファイルに差があるのか 戻すにはどうするのか の 覚書です


ファイルの差を調べる


一番使うのが これかなと思います

差のある 状態 と パス が 表示されます

git diff --name-status

変更を戻す


よく使うのが 対象のファイルのみ か 全て か の 2つです


対象のファイルのみ戻す


先程のコマンドで パスがわかったので [filename] を パスに書き換えることで 対象のファイルのみ 戻すことができます

git checkout [filename]

全てのファイルを戻す


こちらは 全てのファイルを戻してしまいます

意図しないファイルが 含まれることもあるので注意が必要です

git checkout .

Related Article

Bitbucket の Pipelines で 運用出来る状態に なりました

詳細へ »

バージョン管理 してる?? ってか 何使ってる??

詳細へ »

Google Code が 終了するって 知っていますか??

詳細へ »