てくてくあるく

WordPress の テーマ とか プラグイン に ついて 勉強しています

この使い方は WordPress の 規約には 則していないので 利用時には ご注意下さい

また GitHub Actions とか CircleCI が あるので あまりこちらのプラグインを 使う必要性が ないかもしれません

WordPress の 更新 の 管理ページ から GitHub や Bitbucket で 管理している テーマ や プラグイン を アップデート できないかなぁ… と思って 作ってみました

JR : Updater · GitHub
https://github.com/Jack-Russell/jr-updater

まだ 作りたてで バグとかも多いかもしれませんが
興味ある方は使ってみてください

GitHub 自体 慣れていないので Issues とか Pull requests とか 対応できるか わかりませんが
何かしら アクションがあると 励みになります


プラグインの使い方


  • WordPress 6.1 以上
  • PHP 8.0 以上

の 環境で 動作すると思います

Releases · JR : Updater
https://github.com/Jack-Russell/jr-updater/releases

から ファイルをダウンロードして プラグインフォルダに入れてください

あとは 管理画面のプラグインから 有効化してください


アップデートさせたいテーマやプラグインの調整


アップデートさせたい テーマ や プラグイン の ヘッダー情報に

  • Update URI
  • Update Owner
  • Update Repo

の 3点の 情報を 追加します

Update URI には リポジトリのURL
Update Owner には ユーザ名
Update Repo には リポジトリ名

を それぞれ 入れます

どういうこと?? と思ったら

main.php at main · JR : Updater
https://github.com/Jack-Russell/jr-updater/blob/main/main.php

を 参考にしてみてください


GitHub の 場合


GitHub の 場合は 1.0 や 2.0 等 の 数字のみの Tag を つけて Releases を 作ります

Releases の タイトルは 何でも良いです


Bitbucket の 場合


GitHub の 場合は 1.0 や 2.0 等 の 数字のみの Tag を つけます


Public リポジトリ の 場合


これだけで 更新に プラグインが表示されて アップデートできるようになります

( アップデート画面では アイコン や 説明ページが 表示されません
何かしら 表示できる フィルター や フックが見つかったら 対応してみたいと思います )


Private リポジトリ の 場合


プライベートリポジトリの場合 普通にアクセスしても 404 が 表示されて そもそも リポジトリページにアクセスできません


GitHub の 場合


ユーザ の 設定 から Developer settings -> Personal access tokens -> tokens (classic) の 順に進み

画面 右上にある Generate new token を 押して Generate new token (classic) を 選択します

Note は 任意の名前
Expiration は No Expiration
Select scopes は repo
で キー を 作成します

Managing your personal access tokens - GitHub Docsを参考にさせていただきました。
https://docs.github.com/en/authentication/keeping-your-account-and-data-secure/managing-your-personal-access-tokens


Bitbucket の 場合


画面上部のユーザプロフィールアイコン隣の Settings -> Personal Bitbucket settings -> アプリ パスワード の 順に進み

アプリ パスワードの作成 を 選択します

詳細 Label は 任意の名前
権限 は リポジトリ 読み取り
で キーを 作成します

https://support.atlassian.com/bitbucket-cloud/docs/create-an-app-password/

次に 各リポジトリから Repository settings -> セキュリティ Access tokens の 順に進み

Create Repository Access Token を 選択します

Details Name は 任意の名前
Scopes は Repositories Read
で キーを 作成します

https://support.atlassian.com/bitbucket-cloud/docs/create-a-repository-access-token/


キーが取得できたら


WP の 管理画面 に アップデータ設定 という項目があるので
そちらから 対象の項目に キー を 入力します

Related Article

いつの間にか Bootstrap 4 が スタンバってるね!!

詳細へ »

WordPress の 公式ディレクトリ に プラグイン を 登録 してみた – No 5

詳細へ »