てくてくあるく

WordPress の テーマ とか プラグイン に ついて 勉強しています

Instagram から メールが来ていたので Google 翻訳 を 通してみました
英語が できないって いろいろ不便ですよね…


翻訳


Instagram APIとプラットフォームの更新
こんにちはInstagramデベロッパー、


今日、我々はInstagramの企業向けに新しいハッシュタグ検索機能を導入しています。この新しい機能により、企業はコンテンツを発見し、ハッシュタグキャンペーンのリーチを測定し、コンテストへの参入者、競技会、懸賞を特定し、ブランドに関する一般市民の感情を理解することができます。ただし、ビジネスごとに1週間に取得できるユニークなハッシュタグの数を制限し、要求ごとにコンテンツを50個に制限します。このアップデートでは、APIの安全性とプライバシーを確​​保するために返されたフィールドから「ユーザー名」も削除されています。


この機能は、2018年12月11日にInstagram Platform APIを使用したハッシュタグ検索の今後の廃止予定日を前にして、この機能が非常に期待されていることを理解しています。ユーザーのプライバシーと安全性。


詳細については、こちらの開発者用ドキュメントを参照し、ここで「パブリックコンテンツアクセス」のハッシュタグ検索機能を適用してください。


ありがとう、
Instagramプラットフォームチーム


よくある質問


Q:これと従来のHashtag APIの違いは何ですか?
A. 1週間あたりのビジネスで取り出せるユニークなハッシュタグの数を制限し、リクエストごとに50メディアに制限し、返されたフィールドから「username」を削除します。


Q:なぜHashtag Searchの機能を変更しましたか?
A:Googleでは引き続きAPIの安全性とプライバシーの優先順位付けを行い、APIの一部の機能を削除しました。これがお客様のビジネスやサービスに影響する可能性があることをご理解いただき、プラットフォームを安全に保つためのサポートに感謝いたします。


***通知:今後のAPIの削除***


2018年1月に発表されたとおり、Instagram Platform APIの今後の廃止予定についてもお伝えしたいと思います。 2018年12月11日、Instagram API Platformでは次のものが廃止されます:


コメント – ユーザーのためにコメントを投稿して削除します。これには、ユーザー独自のメディアへのコメントの投稿と削除が含まれます。
パブリックコンテンツ – パブリックプロファイル情報とメディアをユーザーのために読み込む(これにはハッシュタグの検索と位置情報が含まれます)


2018年12月11日以降、Instagram Platform APIはinstagram_basic権限のみをサポートします。この権限を利用して、次の残りのエンドポイントのAPI呼び出しを行うことができます。


/ users / self – アクセストークンの所有者に関する情報を取得する
/ users / self / media / recent – アクセストークンの所有者が発行した最新のメディアを取得する
/ media / media-id / comments – メディアオブジェクトに関する最近のコメントのリストを取得します。これは、/ users / self / media /最近のエンドポイントで取得したメディアでのみサポートされています)


原文


Instagram API and Platform Updates
Hi Instagram Developer,


Today, we are launching a new Hashtag Search feature for Businesses on Instagram. With this new feature, businesses will still be able to discover content and measure the reach of their hashtag campaigns, identify entrants to their contests, competitions, or sweepstakes, and understand public sentiment around their brand. However, we will now be limiting the number of unique hashtags that can be pulled by business per-week and limiting results to 50 pieces of content per request. The update also removes “username” from fields returned to ensure safety and privacy on our API.


We understand this feature is highly-anticipated given the upcoming deprecation date for Hashtag Search via the Instagram Platform API on December 11, 2018. This in mind, our team has been working to create an API which enables appropriate business use-cases, while maintaining user privacy and safety.


To learn more, please check out the developer documentation here and apply for the Hashtag Search feature under “Public Content Access” here.


Thanks,
The Instagram Platform Team


FAQ


Q: What’s the difference between this and the legacy Hashtag API?
A. We are limiting the number of unique hashtags that can be pulled by business per week, limiting to 50 media per request, and removing “username” from fields returned.


Q: Why did you make changes to the Hashtag Search capabilities?
A: We continue to prioritize safety and privacy on our APIs and removed some capabilities on our APIs. We understand that this may affect your business or services, and we appreciate your support in keeping our platform secure.


*** REMINDER: UPCOMING API DEPRECATION ***


As announced in January 2018, we also wanted to remind you of upcoming Instagram Platform API deprecations. The following will be deprecated from the Instagram API Platform on December 11, 2018:


Commenting – to post and delete any comments on a user’s behalf. This includes posting and deleting comments on a user’s own media.
Public Content – to read any public profile info and media on a user’s behalf (this includes Hashtag Search and Location information)


After December 11, 2018, the Instagram Platform API will only support the instagram_basic permission. That permission can be utilized to make the API calls for the following remaining endpoints:


/users/self – Get information about the owner of the access token
/users/self/media/recent – Get the most recent media published by the owner of the access token
/media/media-id/comments – Get a list of recent comments on your media object. This is only supported for media obtained through the /users/self/media/recent endpoint)

Related Article

Twitter の count.json が 終了 する… だと…

詳細へ »

Facebook Instant Articles 対応 してみました

詳細へ »

Instant Articles for WP の 出力 を カスタマイズ する ( SyntaxHighlighter Evolved の ショートコード 対応 )

詳細へ »