てくてくあるく

WordPress の テーマ とか プラグイン に ついて 勉強しています

Main Content

今更感があるのですが Vagrant を 触ってみて 楽しかったので ちょっと 備忘録的な!!
設定等は ( 2 ) を 見てください

まずは Vagrant を 使えるまでの 環境作成を この記事で 書きます
ただ 僕が 作業している環境は Mac なので Mac での 手順を 記述しています
といっても 難しい事はなくて インストーラーを ダウンロードして インストールするだけなので Windows でも 大差はないと思います!!


Oracle VM VirtualBox


Vagrant 自体は 仮想環境 を 作る機能はなくて VirtualBox を 使って 環境 を 作成します

というわけで まずは VirtualBox を ダウンロード して インストール

Oracle VM VirtualBox
https://www.virtualbox.org/

Vagrant


続いて Vagrant です

Vagrant は VirtualBox で OSは?? HDDは?? メモリは?? 等々 設定する事を 設定ファイルにまとめておいて それを元に セットアップしてくれます

というわけで Vagrant も ダウンロード して インストール

Vagrant
https://www.vagrantup.com/

Vagrant Plugin


Vagrant が 無事 インストール 出来たら より便利に使う為に プラグインを インストールします

ターミナルを 開いて 3つの コマンドを打ちます

$ vagrant plugin install vagrant-vbguest
$ vagrant plugin install vagrant-hostsupdater
$ vagrant plugin update

ザックリ 上から順に

VirtualBox Guest Additions が Box に なかったら インストールする
ホスツ を 書き換えて ローカルドメイン で ブラウザで 見られるようにする
プラグインのアップデート

です


終わり


これで Vagrant を 使う環境 が 出来ました!!

次は 実際に 仮想環境を 立ち上げて CentOS Apache MariaDB PHP の 環境を 作っていきます

今更だけど Vagrantで 開発環境 の ベースを 作ってみた ( 2 )
http://tekuaru.jack-russell.jp/2017/09/10/1472/

データベース接続確立のエラー ページ の カスタマイズ

詳細へ »

SourceTree を 2.2 に アップデート したら Git flow ボタン が 消えてる…

詳細へ »

Mac の ターミナル で 使う コマンド を エイリアス 登録する

詳細へ »